The Threads of My Name    ~ truth, hope and... ~

The days of weaving a tapestry with my feathers

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Australia


丘を上がると、いつも海があった


一歩踏み出すたびに、淵から溢れるそれはまるで

七色のエメラルドグリーンの宝石が液体になって輝いてるみたいやった


Cottesloe beach


ベッドの中でも、その漆黒から響く轟音が心地よくなったとき、

あの海岸は、私の中で永遠に寄せては返すようになった。



想いをめぐらすこともできないぐらいに巨大なものを

いつも感じて生きるということは、

あんなにも無条件に安心で、

胸がすうすうする程淋しいものだということを、

あの海は、いつもあの轟音に乗せて、私に伝えた。



Australia


惜しげもなく、私に剥き出しの赤く渇いた大地を見せてくれた

海岸線を車を走らせると、空と雲と海と緑の大パノラマがいつもそこにあった。

私の目の前に映るその景色は、

どの瞬間も、息を飲むほど、完璧やった。

神様がいるとしたら、そのすべてに・・・


毎日、毎日、祈った

「ずっとこの景色が見られますように」


・・・いつか見られなくなるのだと、知っていたから。

まるで恋だ。



Perth は色彩の渦やった。


草木が「萌える」とは、本当は「燃える」という意味やと思うしかないぐらいに、

真夏の痛い程の青空に飛び散る

枝垂れ花火にしか見えない、真っ黄色の花房


歩道を染める一面の紫の絨毯

驚いて見上げると、遥かに空一面を染め上げる程に

紫の花に埋め尽くされた大木


夕日を受けて、

ピンクと青の乳白色に色を変える、波打ち際

そして、海岸を歩く見知らぬ人たちと

親しく等分に分かち合う、

その黄金


暗黒の水平線から、

あたりまえのように、一刻も躊躇することなく

音も立てずにあらわれる、月

月と海岸を一直線に繋ぐ、水面に輝く銀色の階段


どんな色を着ても、すべて色褪せた。



やっと、帰る


忘れていたものが、じわりと染み出してくる。

少しずつ、少しずつ、染まる、

懐かしいあの色彩に。



日本に帰ってきて、

澄んだ青や緑の服を、無意識のうち手当たり次第に求めた

コーディネートもできなくなるほどに、自分の皮膚までも

その色に染まりかけた時、

やっとその意味が解った。

何が本当に欲しかったのか。


私の中のあの轟音が、あの色を求めて彷徨っていたんやった



どこにもなかった

この国には、どこを探しても


ここは、日本やった


「これは晴れているのか曇っているのか」、と嘆いたこの私の上に広がる淡い青を

受け入れられるようになった今、

やっと、日本に帰って来れたように思う。

この空は、日本そのものなんや。


穏やかに、緩やかに、水分を含んで、

豊かに四季を織り上げる


その色彩が謳う喜びは、Australiaのそれと少しも違わないと、

今なら云える。



さぁ、少しずつ帰ろう


もう、あの色彩が広がらなくても

今の私にしか見れない色彩が、ありのまんまで待っていてくれてる

何もかも剥き出しの、圧倒的な力強さで


私たちが結んだふたりを、祝いに


あの海に、帰ろう



スポンサーサイト

徒然なるままに |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。