The Threads of My Name    ~ truth, hope and... ~

The days of weaving a tapestry with my feathers

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

響奏



どこまでも青く なにもかもむき出しの空に


迷いなく放たれる 一音の衝撃


鳴り響く 渇いた音楽





そこから はじまる





うねり


groove




全てを貫く波が 立ち上がる瞬間
 




アーユルベーダでは、「体質」というのは

精子と卵子が合一する瞬間、つまり生を受けた瞬間に決まり、

一生変わらない、という



星をみる人たちは、

この地上に生まれ出たその瞬間の

天体の星々の位置との関係性で、運命が決まる、という




わたし




ただここに 一生呆然と立ちつくしていても

次々とびっくりするようなことが起こる



動いてなくたって 想像もできないような速さで動いてる


絶えず こづきまわされる分子が どうしても ある方向へ向かってしまうように




些細なすべてに反応する いのち



幾重にも折り重なり 響き合う 波紋


でも決して 相殺し合わない 輪




そうして 永遠に 拡がっていくの?


ひとつになるまで 永遠に?





スポンサーサイト

徒然なるままに |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。