The Threads of My Name    ~ truth, hope and... ~

The days of weaving a tapestry with my feathers

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Warmth of Remembrance

本をよく読み返す


ある本は、数年に一度

ある本は、短期間にずっとそればっかり


同じ本を、何度も何度も

自分の今いる場所が、分かる

景色が、全然違う


最近も、3、4年前に集中的に読んだ本を、

2、3冊代わる代わるに途切れながらも読んでいた

新鮮な気持ちで、流れる文字列を懐かしく辿っていたら、

びっくりした


そこにわたしがいた


内容なんて、ほとんど覚えてなかったのに、

ふとわたしの言葉があらわれる

いつも一緒に世界を見つめてる言葉たちが


この本に、教えられたんやと気付く

こんなにも鮮烈に強烈に、絡みついて離れないぐらいに


忘れていたのに


今まで出会ってきたすべてが、こんな風に織り上げられてる

もう、わたし とそうじゃなかったものとの区別が

全くできないくらいに


この機織りは、わたしそのものなんや

誰にも織ってもらうことはできない


どんなに使い古された言葉も、

体温を持って私の中を流れるとき、

初めて、わたしを温め、育て、生かす


生かし続ける

生かされ続けてる


だから、覚えていなくても大丈夫やと、

いつも思う


全部なにひとつ欠けることなく

覚えてるから

わたしが、それやから



スポンサーサイト

徒然なるままに |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。