The Threads of My Name    ~ truth, hope and... ~

The days of weaving a tapestry with my feathers

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

麝香


若いとはきっと、あほであるということや。


本当に、いつ自分を顧みても、

恐ろしく未熟で、身の程知らずや。

誰に向かって、一体なにを言っているか、

ふと気付いたときに、

恥ずかしくて、

この世で最も小さな穴を探してしまう。


「よくも、偉そうに、そんなことが言えたよね・・・」


どれだけの人たちに、

わたしは許されてきたかと思う。

遥かに大きな手の平で、

遥かに遠く見通す深い目で。


きっと誰もが、そうであったように。


誰もが、愚かしく、果てしなく未熟や。

どこまで行っても、きっと。

いくら歳をとっても・・・



それでも、それでもいいと、

許されてるんやなぁ・・・


ありがとう と思う。

ほんとに、ありがとう と思う。



スポンサーサイト

徒然なるままに | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<安心 | HOME | 月光浴>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。