The Threads of My Name    ~ truth, hope and... ~

The days of weaving a tapestry with my feathers

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

排除


久しぶりに、おっきめのゴキブリが出た。

今さっき、お風呂に入ろうとしたら。

しばらくぼーぜんと立ちつくして、凝視してしまった。

ほんとに、ほんとに、身体が固まるくらいに嫌いで、

ちいさい頃から、ゴキブリだけは、

もう、恐怖に近かった。

お母さんとギャーギャー言って、逃げまどうほどに。


どうしようかと、少し考えて、


決めた。


やっぱり殺そうと思った。


だって、逃げられたらまた怖い思いをしなくちゃならない、


いろいろと、後々、ややこしいし、


そして、なにしろ、私は今からお風呂に入るんやもん。


どうやって、殺そう・・・


殺虫剤も見あたらず。


敵は、風呂に中にいる。


今から、お風呂にはいるのに。


ゴキブリは邪魔だ。


おちおち、お風呂にも入っていられない。


存在が、恐怖。


とにかく、無条件で、怖い。



・・・・だから、私は殺そうと思ったんや。


目の前に、現れないで。

入ってこないで。


私の、お風呂に。


私の、家の中に。


私の、世界に。


「死ね」と、「死んでいい」と、思ったんや。


私が勝手に抱く恐怖心だけを手がかりに、

「殺す」と、決めたんや。



       私の頭は、フル回転でミクロとマクロを駆けめぐった。



『闘う』 ということ。


排除して、勝つということ。


安心を、得るために。



内と外。



「私の中に、入ってこないで!!」



免疫、葛藤、炎症、膜、皮膚、私、部屋、家、国、世界、地球、太陽系、宇宙


家の中のゴキブリを殺すということは、

ゴキブリを排除することで、安心を得られるということは、


その、最も深い根底では、


ユダヤ人を大量に虐殺した、ヒットラーとも繋がってる。


ルワンダの、ツチ族の大量虐殺にも。


そして、広島と長崎に落とされた原子爆弾にも。


全く、同じ事を、

私たちは違うレベルで、

日々の暮らしのなかで、

やってる。


「死ね、死んでいい」


そして、覚えておかないといけないことは、

私たちは、もう、どんなに頭で考えても、

どうしようもなく、

そういう存在やっていうこと。


「闘う存在」


今までに、ほんとにとても尊敬する男友達の何人かが、

全く別々に、同じ事を言ってるのを聞いた。


「戦争は、必要なんや」


女友だちは絶対にそんなことは言わない。絶対に。

きっと、眉をひそめて怒るやろう。


それを聞いたとき、そんなわけ無いと、なんて恐ろしいことを言うんやと、

思ったけど、今さっき、ゴキブリを殺そうとしたとき、その言葉を思い出した。

彼らが、どれぐらいの深さで話したかはわからん。

でも、その通りなんやと、思った。



戦争の意味を。


戦争を本当に無くすということの意味を。



「戦争は必要なんや」とは、正確には思わない。


ただ、戦争は無くならない。


もし、「戦争」は無くなっても、闘いは終わらない。


容易に想像できるやろう。戦争のない今この日本で、何が起こっているか。


人間は、どうしようもなくあらゆるレベルで闘ってる。

あらゆる恐怖と。


今も、今も、無条件に。


だから、ちゃんと覚えておかないといけない。


「戦争を無くす」とは、どういう事なのかを。



私の、日々の中の些細な心の動きが、すべての答えや。


「安心」を、したいんや。ただ。


「戦争を無くす」ことで。

そして、「戦争をする」ことで。


どっちにしても、闘う。

そのために、もうすでに闘ってしまう。


「何もしなくても、その存在のありのままで安心なんだ」 と、

ただ思える日が来たなら、

私たちは本当の「人間」に、なれるのかもしれない。



ゴキブリは、結局殺せなかった。

殺そうと思ったけど、逃げられた。


これからも、何度もきっと出会う。

その度に、私は闘うやろう。


「殺す」のか「殺さない」のか。


こうして、すべてが、本当はもう生きていくのも大変なぐらい

今も、今も、今も、

根源的な命題を私に突きつけてる。


そして、誰もに。


気付かないだけや。


私たちは、ただただ、鈍感なんや。




スポンサーサイト

徒然なるままに | コメント:0 | トラックバック:0 |
<< | HOME | 友人たちへ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。