The Threads of My Name    ~ truth, hope and... ~

The days of weaving a tapestry with my feathers

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

腐海


『私は、反戦運動などには参加しません。ですが、 平和活動には喜んで参加します』

マザーテレサの有名な言葉。


聡明な 揺るがない 確かな


そして、この言葉は私の中で、あらゆることへと繋がっていく。


摩擦

抵抗



病気とは、なんであるのか。

病気を治すということは、どういうことなのか。



病気を、治してはいけない。


・・・正しくは、病気は治すとか、そんな議論の先にあるものじゃない。

生きるということ自体が、きっと病気を内包してる。

・・・同じであるといっても、言い過ぎじゃないかもしれない。



あたたかく、いつもそっと傍にいるもの。

「ねぇ、あのね・・・・」って。



私たちは、恐ろしく盲目で、難聴やと思った。

その目で、その耳で、毎日毎日、一体なにを見、なにを聞いてるんやろう・・・・


病気がささやき、丁寧に両手で差し出すもの。

「ねぇ、あのね・・・・聞いて欲しいことがあるんだ・・・・」


何度も何度も、丁寧に差し出されてきた。



病気と闘う・・・

そんな病気と、闘おうというの?



病気はいつも、私たちを癒そうとしてる。

私たちが病気になる方向はいつも、

治癒していく方向なんや。


だから、病気と闘おうとする方向はいつも、

治癒とは真逆の方向。



病気はまっとうさせるしかない。



みんな、「やりたいこと」をただ「やりたい」やろう?

「ねぇねぇ、きいて~!!」ということを、誰かに聞いて欲しい。

想いはまっとうさせたい。

存在に気付いて欲しい。


私たちに宿る彼らが、私たちと全く違う性質を持っているわけがない。


そして、生きているだけで、

あなたとわたしが違うということが、

もう、病気なんやと思う。



摩擦と抵抗があるということは、ひとつじゃないということ。



人間は、自然という「ひとつ」のものから、

はぐれてしまった。

本当はみんな戻りたいって、泣いてる。

ひとりで、淋しいって。



私たちは、もう絶対的に淋しい。



みんなお母さんのお腹にいるときは、ちゃんとひとつやった。

すべてと。


でも、生まれ落ちて、

大人になりたいと、すくすくと成長するうちに、

摩擦と抵抗の世界へと入っていく。


それを葛藤と呼ぶ。


それが生きるということなんやろう。

「生きている」と、唯一感じさせてくれることなんやろう。

葛藤がなければ、生きていても仕方がないかもしれない。


「ひとつ」じゃないことへの葛藤やのにね。

ひとつじゃ無いことを知るために、

葛藤がある。


だから、あなたに会うんや。


そして、同時に「ひとつ」というものを学んでいく。


ちゃぁんと知ってたのに。


知っていたものを、忘れていきながら、

また別のもののような顔をして、それはそこにある。


そして、私たちはそのたった今忘れていったものと、


全く同じものを


学ぼうと、「生きる」。


ひとつひとつ、受け入れていくしかない。

何度も何度も、同じように

ひとつずつ、統合していく。


「ひとつ」に、なる。


病気とは、もう一度「ひとつ」へと戻っていくための道しるべやと思う。

いつも、傍で、あたたかくささやく。



「こっちだとおもう」・・・って。



何よりも辛抱強く、何度も・・・何度も・・・


彼らには、私たちを苦しめるつもりなんてこれっぽっちもない。


苦しいのは、


彼らの声をすこしも聞いてあげられなかったから・・・


・・・ごめんね




「ねぇ、あのね、聞いて欲しいことがあるんだ・・・」


『うん。そうだね。 本当はしたくなかったんだ・・・
 
 ごめんね・・・ちっともしたくなかったよ・・・
 
 本当は、淋しかったんだ・・・ただ、淋しかったんだ・・・

 一人は怖かったんだ・・・』


「よかった・・・ありがとう。」



気付き

許す


いつも、許して欲しい・・・


誰よりも、自分に。


ありのままでいいと、わたしに。


それが治癒の方向なんだろうと、今は思う。



生きるとは「ひとつ」から「ひとつ」へと向かう旅や。


死から死へ、そして、生から生へ。


すべては繰り返し循環する



繰り返し


循環する




スポンサーサイト

ホメオパシー | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<友人たちへ | HOME | 生きてるだけでいい>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。