The Threads of My Name    ~ truth, hope and... ~

The days of weaving a tapestry with my feathers

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

補色

夕方の空はきれい。

暮れていく太陽と夜を招く空。


お互いに、刻々と深く濃く染まっていく。


オレンジ と 青


わたしがオレンジの部屋から出ると、

あんなに素敵やった 青 は、もうそこにはなく、

輝かない灰色になる。


いつも、そう。

陽が暮れると、夜になるように。



共にあって、はじめて輝きあうもの。


オレンジと共にあるとき、

青は、より青として存在する。

「青だ」と、強調されるんや。何よりも。



そして、

暗黒の空に太陽が招かれるとき、

そのオレンジは、濃紺のなかで、

最も美しく、光り輝く。



あなたとわたし


光と影


陰と陽


静と動


男と女


ease と disease


そして、生と死


死のなかで、初めて生は輝くんやろう。


それは、「補い合ってる」んじゃ無いと思った。


常に同時に存在して、全く同じものでありながら、


お互いがあることで、お互いが最も輝くもの。


深く、濃く。





スポンサーサイト

ホメオパシー | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Colours | HOME | Bagus!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。