The Threads of My Name    ~ truth, hope and... ~

The days of weaving a tapestry with my feathers

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


「健康そうに見えて、全然そんなことないですね」

と、屈託なく笑いながらその人は云った


普通、嫌な気分になるんやろうか・・・

でも、私はその言葉を聞いて、

何ともいえず嬉しかった


そう、私は健康なんかじゃない

健康な、わけがない

誤魔化して、笑い飛ばしてきた日常や

強気の下に隠してきた不安も

こんな風にちゃんとありのままに私を表現してくれてることが

染みるように嬉しかった


歯の一本一本、細胞のひとつひとつに、

私のすべてが表現されていて、

それは即ち、ミクロのミクロまでマクロのマクロまで、

姿かたちも、存在も、環境もすべて、

私を表現してくれてるって、そんな感覚になった


なんという、頼もしさやろうか・・・


ここにいるだけで、立っているだけで、息をしてるだけで、

もう、どうしようもなく私なんや



私の中に流れているもの、と云うよりかは

繰り返すリズム、波

それはいつか私が放った、衝撃

・・・私が?



世界と宇宙をフィルターにして

紡ぎだされた、

溜息が出るほど美しく豊かに織り重なった和音の海の、

その底に、周到に執拗に低く繰り返されるその旋律


もう、聞き取ることもできないくらいに、

耳に馴染む、闇


聞き取って

聞き取って

聞き取って


誰か・・・




それに、私はなれるやろうか・・・





『勤勉におまえたち自身の救いのためにはげめ』











スポンサーサイト

ホメオパシー |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。