The Threads of My Name    ~ truth, hope and... ~

The days of weaving a tapestry with my feathers

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ランタナ

十数年、その意味をずっと考え続けてきた、友人の言葉



最近ある人から聞いたとても大切な言葉




ある日、突然繋がる

疲れ果てた金曜日の灰色のビルのあいだで


瞬間、ちいさな泡をいっぱい含んだ薄むらさきの漣が

私の足をしゃわしゃわと浚った


・・・きもちー・・・感動



その数分後、ずっと好きだったランタナに出会った

濃く茂る緑の葉と、揺れるちいさなピンクと黄色の花房

記念に連れて帰って欲しいと云っていた

半額にしといたからって


彼女と乗る電車は、別世界やった

人間とは違う、存在

人間とは違う、唄声

彼女は、ささやかに、まわりの空気を振動させて

全存在を懸けて、私たちと、ハーモニーを奏でようとしていた

違うものがあることが、自然なんやなと思った

美しい和音が、確かに聞こえた


「繋がる」ことは、「分かる」こととは違う

字からして、真逆やと思う

繋がっても、何も分からなくて、

きっと繋がるたびに、より一層分からなくなっていくんやと思う


でも、そっちやと、思う


あんな風に、どんなに渇いた灰色の世界でも

繋がった瞬間、一瞬にして生命に溢れるなら


方向は、そっちなんやと思う



分けずに

繋げる




スポンサーサイト

ホメオパシー |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。