The Threads of My Name    ~ truth, hope and... ~

The days of weaving a tapestry with my feathers

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

歩く ② -cosmos-

夜道は、開放的な気持ちがした。

自由な香りがした。

どこまでも行けそうな気がした。


怖いという気持ちには、同時にこんなものも含まれていたんや。


そして、明らかにゴールがあるということこそが、

自由の正体なんかな。

温かいお風呂や、ふかふかのお布団があって、

「今日なー、あんなところから歩いて帰ってきてんでー」と言える、

家族が居ることこそが。


足がまるで棒みたいで、踏み出すたびに足の裏はビリビリ痺れてきた。

『なんでこんなことになってるんやろう?』

と、面白いほど全く訳が分からなかった。


それでも、

きっと昼間に見ても真っ黒な川を渡り、

まっすぐに続く、夜を歩いた。


気が付くと、うっすら見たことのある景色が広がっていた。

自転車で来たことのある、商店街やお店。


歓喜の嵐やった。

夜空に舞い上がった。

最近では久しく味わったことのない、喜びやった。


タクシーのことは、もう1ミリも考えてなかった。



もう、タクシーはいらない


私が、タクシーやった


もうずっと前から、乗っていたんやった



こんなことが、電車の窓から眺めていた日常のすぐ隣に並走していたなんて!

私の足が、こんなところまで連れてきてくれるなんて!

足を前に出し続けただけやったのに。

そんなささやかな行為が、これ程あらゆるものを次々と私の前に呈示してくれるなんて!


動いたら、辿り着くんや。

何があっても、諦めないで、一歩を踏み出せば。


真夜中に、にやにやした女がひとり歩いていた。


家に着く一歩手前で、

いつも駅に苦行僧のように体を90度に折り曲げてじっとしている、

浮浪者のおっちゃんとすれ違った。

夜道で。

ふたりっきりで。

そのおっちゃんのことは、なぜか家族みんなで気にかけていて、

私も駅で見かけるたびに、『今日も生きてはるわ。』 と安心したりした。

なぜかおっちゃんは、くるりと振り返り、私を見た。

何の隔たりもなく、初めて目が合ったような気がした。


真っ黒なおっちゃんは、駅とは反対の方向へと、

やっぱり背中を90度に曲げて、また歩き始めた。

おっちゃんのゴールは、どこなん?



私のゴールは、もう目前。

でも、またすぐにスタートになる。着いてしまったら。

そして、また、歩き出すんやろう。

促されるように。


毎日、絶対に帰る我が家。

何万回も見た家が、何だか夢のようにそこにあった。

まるで、目に見えない膜が何か神聖なものを包み込んでいるかのように、

ひっそりと、愛する人たちを守っているようやった。


辿り着いてしまった。

本当に、辿り着いてしまった。

あんなところから。


すげー・・・



世界は、

ひょっとしたらちっとも窮屈なんかじゃないかも知れないと思えるような、


すげー夜でした。















スポンサーサイト
徒然なるままに |

歩く ① -chaos-

夢じゃない ひとりじゃない

君が傍にいる限り

けがれない獣には 戻れない世界でも


夢じゃない/スピッツ




終電がなくなったからやった。


体を通り抜ける風が気持ちよかったし、

頭はどんどんこんがらがって、胸が苦しかったから。


タクシーにはいつでも乗れる

手を上げれば

いつでも


「せっかくやし、少し歩こう」

そう思って、軽い気持ちで、歩き始めた。


人生を始めたあの時みたいに、

促されるように。


理由は付けようと思えば、いくらでも付けられたし、

無いと云えば、ひとつも無いとも云えた。




『多分こっちやったよな・・・』

方向音痴が奇跡的に、正しく一号線に沿って、

かすかに、車や電車の窓から見たことのある景色の記憶を総動員して、

そこには居ないいろんな人たちと、

一緒に夜を歩いた。

夜を。

人のほとんど居ない道を。


普段は絶対にやらない。怖いから。

そして、やっぱり何度も怖くなった。


後ろから足音が近づくたびに、

今まで一緒にいて話しかけていた親しい人たちは、一瞬にして消え去り、

内側にぎゅっと集まった濃密な私だけが、

たったひとりで、そこにいた。

こんなところで、ひとりで、私は何をしてるんやろうと思って、

自分が誰やったかも忘れそうやった。


ひとりで夜道を歩くのは、楽じゃなかった。

間違っても、ヘッドフォンで音楽を聴きながらなんて歩かれへんと思った。

毎朝の満員電車でするみたいには。

たくさんの人があんなに近くにいるだけで、

全く何も考えなくてもいいぐらいに、安心するんやな。

全員で誰かを頼って、

そして全員がてんでばらばらに意識を飛ばしてる。

からっぽの容器。


標識が見えた。

もう一時間近くも歩いてるのに、まだ電車で2駅分しか歩いてないことにだいぶ愕然として、

『ひょっとしたら成し遂げられるかも知れない』 なんて、

ほんの僅かでも、無謀にも思い描いてしまった自分にもっと愕然として、

もうええやろと、タクシーに乗ろうと決めたのに、

そんなときに限って、タクシーは一台も走ってなかった。


まぁいい・・・

すぐにつかまるし

もう少し歩こう


とにかくバカみたいに、一号線に沿って歩いた。

私の住む町の名前を頼りに。

毎日電車で通ってるのに、子供の頃から考えるともう何千回も。

目の高さで、自分の歩幅で流れる景色は全くの別世界やった。



まさかの・・・分かれ道が目の前に現れた。

標識らしきものを、どこを探しても見つけられなかった。

さぁ、もういよいよ諦める時がきたと思った。

どっちかに賭けて、そっちの道を歩いて行くには疲れすぎていたし、怖すぎた。


とりあえず、信号を渡ってからタクシーを・・・

と思っていたら、

いい感じに酔っぱらったおばちゃん3人組が、私の横で楽しげに信号を待っていた。


「あの~、○○市ってどっちですかね?」

と、なぜか私はおばちゃん達に聞いていた。

おばちゃん達は、真夜中に突然話しかけてきた怪しげな人間に、

それはそれは親身に答えてくれた。


「え?駅の方に行きたいの?それやったらこっちやけど・・・」

と、おばちゃんA。

「何、え?あんたまさか○○市まで歩いていく気ぃか?
そんなんやめとき!タクシー乗り!乗ったらすぐやからっ!」

と、おばちゃんB。

「いやいや、ごめんなー、おばちゃんらうるさいわなー。」

と、おばちゃんC。


泣きそうやった。あったかくて。

ここで泣いたら、完全にやばい女やと思って、

「いや、はい、タクシー乗ります、もうちょっとしたら・・・多分。」

と伝え、お礼を言ってまた歩き始めた。


なんちゅう素晴らしいタイミングで、挫けそうな私の目の前に現れてくれたんやろうと思った。

道しるべみたいに。

おばちゃん達の言う通りにはできないとしても、

とにかくこっちの道やということだけは、確実に分かった。

そして何よりも、しぼみかけていた血管にまた血が通い始めたみたいに、

足が動いて、心も同じように少し軽く、温かくなった。



つづく・・・


徒然なるままに |

Can I hear me?

昨日の夜、お風呂で久々に

「引きこもりたい」と思った。


誰にも会いたくないし、顔も見たくないし、見られたくもない。

カーテンを閉め切って、真っ暗にして、電話にも、ピンポンにも出ない。

そう思った時に、ありありと浮かんできた光景は、

パースで住んでた家のリビングやった。

そんな風に、よく引きこもってたことを思い出した。

誰にも会いたくなくて、英語もしゃべりたくなくて・・・



なんで急に引きこもりたいって思ったんやろうって考えてみたら、

自分が傷ついてるらしいことに気付いた。


「私、傷ついてたんや・・・・」


そんな、傷つくような題材の事柄では全くなかったし、

ちゃんと笑えてたし、しっかりとした返事も返せてたし、

『反省しなあかんな』 なんて大人がするように反省もしてみてたのに・・・


自分すら手の届かないところで、何かが真摯に反応していた。

テレビの音に掻き消されながら、情報に殴り倒されながら、

そこだけは、何にも混じらずに、濃く、哀しく。


私にとって「引きこもる」とは、

とにかくどんどん自分は最低やと思い詰めていく作業をすること。

思い出したくもない嫌なことを、無理やり引き摺り出してきて、

「思い出したぁ?」って笑いながら、

やめてくれと、受け入れたくないと、すべての感覚を閉じようとすること。


誰に何と云われようと、そうすることしかできない。

ひどく落ちることでしか、きっと上がれない・・・


私はいつだってそうや。

何に対しても。

私は、ゆっくりとその傷が癒えていくことを静かに待つことができない。

PCRみたいに、悲しみや憎しみの海から、ある一部分を増幅させることでしか、

気付くことができない。

何度も何度も重なり合う、同じ質の哀しみ。


ほんの少しの傷から、汚いものが底なし沼みたいにズルズル出てくる。

「汚いもの」と、人生をかけて思ってきたものが・・・


あまり、暇じゃなくて良かった。

明日は会社があって良かった。

だから今日はそんなところまで行かなくてもいいよ。


社会人たるもの・・・・なんて、

みんな、名優やと思う。



でも、あるんや、いつも

濃く、深く、混ざらない哀しみがここに。


ちいさな声で、

私に何か言ってる・・・






徒然なるままに |

武装解除

恋は 昨日よりも美しい夕暮れ

恋は 届かない哀しきテレパシー


恋は 待ちきれず咲き急ぐ桜

恋は 焼き付いて離れない瞳


蝶々になる 

君のいたずらで

ただ朱く かたちなき夢を 染めていくような夕暮れ


恋は 迷わずに飲む不幸の薬

恋は ささやかな悪魔への祈り


こだまする 君の囁きが

ただ朱く かたちなき夢を 染めていくような 夕暮れ



武器を捨てて僕はここにいる

まぶたの内側で生きている

くすぐる風に運ばれるまま

ながめた夕暮れ



恋は 昨日よりも美しい夕暮れ

恋は 届かない哀しきテレパシー


蝶々になる

君のいたずらで

ただ朱く かたちなき夢を 染めていくような夕暮れ


恋は夕暮れ / スピッツ


IMG_0010-9_convert_20090515232615.jpg





徒然なるままに |

Save The Earth


「あなたがあの時、そう言ったんだよ」

「私はそれに、救われたんだ」


と、友人は言った。

空気と一緒に私たちの胸を震わす、

スパニッシュギターの響く、洞穴のような薄暗い地下のバールで。


よくそんなことを、こんな素晴らしいタイミングで発することができるほど、

覚えていてくれたねと、

感動した。


高校生の私は、限られた人生の中の、

一体何を紡いで、そんな言葉を発したのか。

『分かったようなこといいやがって、本当にクソ生意気なガキだ』

と思う反面、

清々しく、神々しささえ感じた。


確かに自分やった、誰か。


『分かったようなこと』 を、今はあの頃より分かっているとでもいうのか。

経験は、本当に私を自由にしてるやろうか。

私が身につけてしまったのは、

そんなクソ生意気で剥き出しの私を誤魔化していく、技術だけじゃないやろうか・・・


何も知らずに、何も知らずに・・・

あの頃みんなで、飽きることなく話し続けたよね・・・

世の中の細々としたすべての例外をすっ飛ばして、

言いたいことを言い合って、答えなんて出るわけもなく・・・

最後には喧嘩になって、それでも結局は初めの問いに戻った。


いろいろ、やってきたのにね。

それぞれが、それぞれにあらゆることで悩んで、

恋をしたり、結婚したり、子供を産んだりして・・・

それでも、あの頃の私たちの問いには未だ誰ひとりとして、

答えられないと思う。


今、目の前にあの頃の自分が居たら、きっとひるむ。

彼女は、とても真剣やったから。

小さな胸を痛めて、

本当に、地球を救おうとしていた。


・・・・・ひるむかな

ひるむのかな・・・

ひるむ時もある、でも、ひるまない時もある。


私は・・・


彼女がある方向にぶちまけるように撒いたたくさんの種を、ひとつずつ育ててきた。

そこだけは、もう嫌気がさすぐらい誠実に。

彼女が歩く度にぽろぽろとこぼしていった種も。

寄り添っては、水をやった。

日々、バトンを受け取るように。


そうして日々バトンを受け取ってるその私のポケットからは、

今も同じように、一歩踏み出す度に、

ぽろぽろぽろぽろと、種が落ちてる。


もう、ぶちまけることはないけど。

あんな数の種は、もういらない。



私が救うのは、地球じゃなかった。


私やった。


見つめるべきは、その種たちが創りだした広大な森が、

私の中で、どんな生態系を織りなしているかやった。


もし、私が救われるなら、

その時、地球は救われてる。



地球は誰にも救われない。



あの言葉が、あの頃のあなたを救ったのなら、

その言葉はきっと私を、

いつか救ってくれたんやろう。



いつも、私を覚えていてくれて、

ありがとう。


そのすべてが、どれだけ私を救ってくれているか、言葉では到底言い表せません。





徒然なるままに |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。