The Threads of My Name    ~ truth, hope and... ~

The days of weaving a tapestry with my feathers

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

バベルの塔

わたしが繰り返し繰り返し使う言葉たちは、

わたしを捕まえて離さない、鎖や。

これ以上、どこにも行けない。



言葉



何もかもに名前を付けて、この世界を限定していくんや。

名前を付けた瞬間に、なにかが意味を持ち出す。











ひとつの言葉をわたしたちは取り囲んで、かごめかごめをしてる。

言葉を、みてるんや。

その真ん中には、誰がいると思う?誰かが、いるんやろうか?



ヒンズー教では 『宇宙は音から生まれた』 とされている。

そして、キリスト教では 『はじめに言葉があった』 と。

あらゆる宗教で、同じようなことが云われてる。

きっと、宗教のうまれるずっと前の、偉大なる思想家たちの時代にも。



わたしたちは、話せば話すほど、いつもどんどん遠ざかっていく。


「繋がった」と、思うときはいつも、

言葉ではなく、

その奥に潜む、体温と同じぬるさの澄んだ水がお互いの中に流れ込んできたとき。



バベルの塔に出てくる神は、言語を分けたんじゃないような気がする。


きっと、すべての人を分けたんや。


言葉を使うことで。


ひとりひとりが、言葉を持つということこそが、

もうすでに、混乱なんや。

同じ言語だろうが、会話が成立している瞬間なんて無いに等しいやろう。

それだけ、ひとりひとりが持つ言葉の意味や力は絶対的に違う。


ひとつの言語を持つとは、本当はどういうことなんやろうか。



バベルの塔


旧約聖書「創世記」第11章 バベルの塔


11:1 世界中は同じ言葉を使って、同じように話していた。

11:2 東の方から移動してきた人々は、シンアルの地に平野を見つけ、そこに住み着いた。

11:3 彼らは、「れんがを作り、それをよく焼こう」と話し合った。
   石の代わりにれんがを、しっくいの代わりにアスファルトを用いた。

11:4 彼らは、「さあ、天まで届く塔のある町を建て、有名になろう。
   そして、全地に散らされることのないようにしよう」と言った。

11:5 主は降って来て、人の子らが建てた、塔のあるこの町を見て、

11:6 言われた。「彼らは一つの民で、皆一つの言葉を話しているから、
   このようなことをし始めたのだ。これでは、彼らが何を企てても、妨げることはできない。

11:7 我々は降って行って、直ちに彼らの言葉を混乱させ、
   互いの言葉が聞き分けられぬようにしてしまおう。」

11:8 主は彼らをそこから全地に散らされたので、彼らはこの町の建設をやめた。

11:9 こういうわけで、この町の名はバベルと呼ばれた。
   主がそこで全地の言葉を混乱(バラル)させ、また、主がそこから彼らを全地に
   散らされたからである。



人間だけが 「言葉」 をつかう。

意味を、立ち上がらせることが出来るということ。


人間が、なぜ万物の霊長といわれるのか・・・




『はじめに言葉があった』




言葉にしたとたんにこぼれ落ちるすべてと引き替えに


更にその何万倍もこぼし、落としながら、


でも、ただ一滴を垂らすために。



言葉



そしてその一滴で、奥に潜むすべてを、時にはそれ以上のものを引っ提げて、


堤防が決壊するように、


流れ込むもの。



準備ができていれば、いつでも。



baberu3.jpg

やっぱりひとつなんやと伝える、

血の通った、優しい波なんやんね。




スポンサーサイト
徒然なるままに | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。