The Threads of My Name    ~ truth, hope and... ~

The days of weaving a tapestry with my feathers

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Colours

13ca3318-23a7-4d47-a5f0-c19e5c6d5b78.jpg
ハッブル宇宙望遠鏡から送られてきた、地球から17万光年離れたところにあるタランチュラ星雲の写真。この色は、硫黄、水素、酸素の各原子から出る光を赤、緑、青で擬似的にあらわしたものだそう。


まるで、一枚の絵画。

大聖堂の巨大な宗教画のよう。

ボッティチェリのビーナスが今にも誕生しそうな。

ゴッホの「アイリス」を初めて見たときのように、

叫び出しそうな嬉しさと、全く同じ激しさでやってくる心細さ。

でも、ここに椅子を置いてずっと見てたいと・・・取り憑かれたように、そう思った。

彼の筆遣いの一線一線に見とれた。


「芸術とは 自然の模倣である」



オパールの中に閉じこめられてたのは、そうか、宇宙やったんや。



17万光年向こうの、硫黄と水素と酸素



そんなにも離れているのに、全部ここにあるねぇ。

きっと、宇宙にあるものは全部ここにある。

ここ、ここ。


私たちが、自然そのものであり、

芸術そのものであり、

その芸術を創り出すものである。


だから花や川や空を見るように、あなたに見とれてしまうんやねぇ


きれいねぇ・・・・




スポンサーサイト
徒然なるままに | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。